坐骨神経痛

このようなお悩みはありませんか?
  1. 痛みやしびれで長く座ったり、立つ事が出来ない
  2. お尻や足など下半身に痛みやしびれを感じる
  3. 横になったり、じっとしてもつらい
  4. ズキズキ、ジンジン、ビリビリと電気が走るような感覚
  5. 手術も勧められたが、躊躇している

坐骨神経痛とは

坐骨神経という下半身で最も長く太い神経が、お尻から太ももの裏側、ふくらはぎ、足の先にかけて伸びており、圧迫や刺激を受け、痛みやしびれがあらわれます

それぞれ、圧迫や刺激を受けた場所でズキズキと疼くような鋭い痛み、ビリビリと電気が走るようなしびれなどを感じ、また圧迫感や熱感、冷感なども感じたりします。

始まりは何でもない腰痛ですが、だんだんと深刻な状態になると、横になって安静にしても痛みで眠れない、少し歩くと痛みだし、歩行が続けられなくなるといった問題もあらわれます。

お尻や足の先にかけて痛みやしびれがあらわれ、買い物や散歩など、今まで出来ていた日常生活が難しくなったなと思われたなら、坐骨神経痛と考える目安かもしれません

あなたの坐骨神経痛の状態は?

あなたの坐骨神経痛がどういうものか、チェックしてみましょう

  1. 痛みは片方?それとも両側ですか?
  2. 長い距離は歩けますか?休みながらだと少しは楽ですか?
  3. 前かがみ、あるいは後ろに反る姿勢、どちらが痛みが強くなりますか?
  4. 腰の痛み、下半身のしびれはありますか?
  5. 痛みの出る場所はいつも同じ場所ですか?
  6. 腰痛以外に、他にもつらい部分はありますか?
  7. 日常生活でどのような動作が困りますか?
  8. お風呂など温めると楽になりますか?

坐骨神経痛による痛みやしびれはつらく、経験した人にしか分からないものです。少しでも楽になればと、セルフマッサージする方もいらっしゃるでしょう。

方法によっては、坐骨神経痛が楽になるかもしれません。しかし、それも一時的なもので、坐骨神経痛そのものが良くなった訳ではありません。それは、逆効果になってしまうマッサージもあるからです。

やっては行けない事

  • 痛すぎる刺激は禁物
  • 強いほうが良いと思わない
  • 同じ場所を刺激しすぎない

坐骨神経痛が原因で起こるもの

椎間板ヘルニア

腰の骨と骨の間にある椎間板がつぶれ、神経を圧迫し、坐骨神経痛となります。若い世代に多く、あぐらや横座り、中腰姿勢、猫背姿勢など、前かがみになると痛みが出ます。

脊柱管狭窄症

腰椎の後ろに神経が通るトンネル(脊柱管)があり、加齢などの原因で狭まり、神経が圧迫されます。腰をひねる動作、高い所にある物を取る動作、背筋を伸ばしたりすると痛みが強くなります。

反対に、靴下をはく、自転車に乗るといった動作は比較的楽に行えます。

妊娠や出産で坐骨神経痛になるケースもあります

女性の場合、月経など周期的にホルモンバランスが変化します。それにより、骨盤の関節である仙腸関節を繋ぐ靭帯が縮んだり、緩んだりします。

仙腸関節は重い上半身をしっかりと支えるため、ぴったりとくっ付いていなければなりません。骨盤の歪みやズレを生じさせると、仙腸関節がしっかりとかみ合わず、体重がかかる度にギシギシと動き、近くを通っている坐骨神経が刺激されます。

宝塚 おかだ鍼灸整骨院の坐骨神経痛施術法

  • 平日は夜20時まで、駐車場も5台完備

    平日は夜20時まで、土曜日も18時まで営業しております。駐車場は広々としており、女性でも止めやすく、院前に5台完備しております。

    長い距離を歩かなくても、さっと院内へ入っていただけます。

  • 主訴だけではなく、トータルバランスも考慮

    主訴である、坐骨神経痛の痛みやしびれを取り除くのはもちろんですが、今後も再発しないよう、姿勢といった全身のバランスも考え、施術いたします。

  • お1人おひとりに合わせたアプローチ

    身体に負担をかけない専用ベッドでの施術に加え、ハイボルトや鍼灸なども組み合わせ、強い痛みやしびれを素早く鎮めます。

    同時に、楽トレでインナーマッスルを鍛え、坐骨神経を圧迫しないよう、身体を支える筋肉も鍛えます。

坐骨神経痛はハイボルトで素早く鎮静化!

お客様からの喜びの声を頂いています!

中山寺 80歳 女性

お客様の声

2年前から脊柱管狭窄症による右腰から足にかけ坐骨神経痛になりかけ昨年の10月から治療を受けています。
自分自身の体型などにも詳しくイラスト等で説明してくれて理解が出来た。
楽トレで体の中の腸腰筋等を鍛え健康寿命を保てる療法を行っています。
特に鍼や整体も技術的に研究されているようで、痛みも解放に向かっています。大変感謝しています!

※お客様個人の感想であり、効果には個人差があります。