宝塚の整骨院 骨盤矯正 交通事故治療はおかだ鍼灸整骨院

  • 各種保険 交通事故対応 宝塚 鍼灸院
  • アクセス 宝塚 鍼灸院

緊急事態宣言後も、ウイルス対策・院内環境整備を徹底したうえで、営業しております。

エキテン口コミランキング1位 宝塚 鍼灸院

宝塚市売布東の町11-5

079-720-6756

受付時間

電話番号

頭痛 肩こり 腰痛でお困りの方
頭痛 肩こり 腰痛でお困りの方
風邪のツボ②
/

こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。illust

風邪のツボ⓵の続きです。

風邪の予防

⓵うがい

インフルエンザのウィルスは気道の粘膜に取りつくと約20分で細胞の中に取り込まれてしまいます。

②マスク

咳1回で約10万個、くしゃみ1回で約200万個のウィルスが、また、クシャミでは3メータ、咳では2メータ先まで放出されます。

③保温

寒い所では、鼻・喉・気管などの血管が収縮して線毛の動きが鈍くなります。線毛はウィルスや細菌の侵入を出来るだけ少なくする働きをしますので、線毛の働きが悪くなるとウィルスが侵入しやすくなります。したがって、保温は風邪の予防に十分価値があると言えます。但し、暖め過ぎは逆効果ですので、ご注意ください。

④加湿 風邪のウィルスの中でも、冬に流行するインフルエンザウィルスなどは湿度に極めて弱い性質がありますので、部屋の湿度を上げることは、インフルエンザの予防にも非常に効果的です。

⑤手洗い

風邪のウィルスは手や顔、衣類などにも付着します。カラオケボックスのマイクや電車のつり革、公衆電話の受話器などには非常の多数のウィルスが付着しています。

⑥人混みは避ける。

人が多く集まる場所では、中には風邪をひいている方もいるわけですので、風邪のウィルスに接触する機会が多くなります。

⑦その他

風邪の治療の基本は、安静・保温・栄養&水分の補給の3つと言われています。無理をしないで十分に睡眠をとり、栄養のバランスを考慮した食事などは、基本的な対策として必要なことは言うまでもありません。冬はなぜ風邪がはやる。

冬のウィルスは空気が乾燥したところや寒い所で繁殖しやすい性質を持っています。空気が乾燥していると、ウィルスが増えやすいだけでなく、のどや鼻の粘膜が保湿性を失い、よりウィルスが感染しやすい状況を作ってしまうのです、冬は空気が冷たく乾燥していて、これが風邪をはやらせる原因となっているのです。寒くなると風邪をひき始めるが、それはウィルスの活性化の他に、年末で多忙になり、生活管理がおろそかになったためでもあります。ウィルスの侵入を防ぐ第1の門「のど」が乾燥すると、疲れていて免疫が落ちてしまうと、異物を排除する働きが弱まってしまいます。冬の風邪のウィルスは、乾燥した場所が大好き、そんなウィルスを嫌う条件をつくるためには、部屋を暖かくして、加湿器などを利用して湿度を60%程度に保つように心がけ、時々換気をすることで、室内にウィルスを溜めないようにしましょう。また、温かい飲み物などをとって、水分不足にならないようにしましょう。

投稿日: 2017年4月05日 (水)