宝塚の整骨院 骨盤矯正 交通事故治療はおかだ鍼灸整骨院

おかだ鍼灸整骨院
  • 各種保険 交通事故対応
  • アクセス

緊急事態宣言後も、ウイルス対策・院内環境整備を徹底したうえで、営業しております。

エキテン口コミランキング1位

宝塚市売布東の町11-5

079-720-6756

受付時間

電話番号

頭痛 肩こり 腰痛でお困りの方
坐骨神経痛について

坐骨神経痛について

腰やおしりのあたりから足の付け根、太もも、ふくらはぎ、足先にかけてビリビリとした鈍痛や張っているような違和感を感じることはありませんか?これは骨盤のあたりから足にかけて通っている座骨神経痛(人体の中でも最大級に長くて太い神経)がさまざまな原因で刺激を受けることで発生しているケースが多く坐骨神経痛と呼ばれます。

 

座骨神経痛は比較的原因を特定しやすいものも存在し、原因がハッキリしている場合はその原因となる疾患の治療をすればいいのですが、原因が特定できない場合は対症療法で痛みを和らげていくのが一般的です。

 

坐骨神経痛とは

既にふれたとおり座骨神経は骨盤のあたりから足先にかけて走っている太い末梢神経のことで、人体において一番長い神経です。総腓骨神経と脛骨神経の二つの神経が大腿上部一つの被膜に覆われることで一本の神経のように見え、そこからさらに様々な神経が派生して最終的に足先まで伸びています。

 

何らかの理由によって坐骨神経が刺激、圧迫されたり傷を負ったりすると痛みや痺れといった症状が現れ、坐骨神経に起因する症状を総称して座骨神経痛と呼びます。

 

坐骨神経が長い末梢神経のため痛みや違和感が足全体に現れるケースや足の一部だけに現れるケースなど症状が現れる場所も人によってさまざまですし、違和感や不快感を感じる程度の軽度な症状から日常生活に支障をきたすほど重症なものまで存在します。

 

発症当初は軽い症状でも治療しないで放置すると次第に痛みが強くなっていき、最終的には座っていられなくなったり歩行が困難になるほど症状が進行するケースも珍しくないため軽症の場合でも看過することは危険です。

 

また、座骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、すべり症といった疾患が原因となって発症するケースもあります。

 

坐骨神経痛の症状と注意する点

座骨神経痛のよくある症状として太腿やふくらはぎ、または足先などにピリッと電気が走ったような痛みを感じるものやビリビリとした痺れを感じるもの、足が張っているような感覚を覚えるものがあります。また人によっては冷えや熱さ、足が締め付けられるような感じがする人もいるでしょう。

 

坐骨神経痛は脊椎を構成する椎体と椎体の間でクッションの役割を行う椎間板のハミ出しなどで生じる椎間板ヘルニア、神経が通る脊柱管が狭くなる脊柱管狭窄症、腰椎の形が変形する変形性腰椎症、椎間関節がズレるすべり症などが原因で発症するものもあります。

 

坐骨神経痛の発症原因となるどの症状も同じ姿勢を長時間続けたり、重いものを無理な姿勢で持ちあげるなどで引き起こされますし、加齢や過度な運動がきっかけとなり発症するケーもあります。

 

座骨神経痛や腰痛などに有効だと言われるものとして腰痛体操・温浴・温熱療法などが挙げられますが、何が原因となって坐骨神経痛の痛みが発生しているのかを特定することが早期の治療に繋がり重要だと言えます。

 

自己判断によって行った治療によってかえって症状が進行する可能性もありますので、自己判断ではなく専門機関での受診を強くおすすめします。

 

坐骨神経痛のリハビリ

あまりにも坐骨神経痛の痛みがひどいと動きたくなくなりますが体を動かさないままでいることで筋力の低下を招いたり、関節が柔軟性を失い凝り固まってしまいますます症状が悪化するという悪循環に陥らないとも言い切れません。

 

座骨神経痛による痛みを和らげ日常生活での不便をなくすために、運動やマッサージなどのリハビリで代謝機能や身体機能の改善を試みることは効果的ですし、普段の生活のなかで意識していない生活習慣を見直すことも座骨神経痛治療の重要なポイントとなります。

 

長時間同じ姿勢で仕事をしなければならない人はできるだけ正しい姿勢を保つように心がけたり、適度な運動やストレッチによって肥満や冷えを防ぎ、血行をよくするとよいでしょう。

 

鍼灸接骨院で施術するマッサージを含めた鍼灸治療は姿勢の矯正や血行促進効果が大きく期待できるため、鎖骨神経痛の治療法として効果的な治療法だと考えられていますし脊椎を支える体の土台である骨盤矯正も坐骨神経痛治療に効果が期待できます。

 

坐骨神経痛による骨盤矯正

座骨神経痛による痛みの緩和には、常に正しい姿勢を保つことが効果的ですが、日常生活のなかで正しい姿勢を保ち続けることは難しいのが現実で、正しい姿勢を保とうと意識し過ぎると身体に無理な力がかかり力が加わることで歪みが生じるてしまうものです。

 

上半身と下半身をつないでいる重要なパーツである骨盤も、よく足を組んだり片側だけに荷物を持ったりしていると左右に差が出ている状態で凝り固まり、徐々に正しい形から歪んでいきバランスが悪くなってしまいます。また、普段意識していない寝る姿勢などによって歪んでしまうこともあります。

 

歪んだ形に合わせて筋肉が付きこり固まってしまうことにで血行不良が生じたり座骨神経痛の痛みが現れたりしやすくなります。

 

歪んだ状態のままでいると正しい姿勢を保つことに苦痛を感じてしまいますが、その歪みを矯正することによって体の配置を正してやれば身体もすっきりし、血行もよくなり神経を圧迫することもなくなるので座骨神経痛の症状にも効果が現れます。

 

また、骨盤矯正を行うことで座骨神経痛の治療効果が期待できるだけではなく、内臓の働きもよくなりますし身体のバランスも改善されると考えられています。

 

投稿日: 2020年5月24日 (日)