宝塚の整骨院 骨盤矯正 交通事故治療はおかだ鍼灸整骨院

おかだ鍼灸整骨院
  • 各種保険 交通事故対応
  • アクセス

緊急事態宣言後も、ウイルス対策・院内環境整備を徹底したうえで、営業しております。

エキテン口コミランキング1位

宝塚市売布東の町11-5

079-720-6756

受付時間

電話番号

頭痛 肩こり 腰痛でお困りの方
胸郭出口症候群について

胸郭出口症候群について

首・肩・腕・手先に痛みや痺れが起こり、握力低下などを引き起こすのが胸郭出口(きょうかくでぐち)症候群で、従来なで肩の女性や重い荷物を運ぶ機会の多い男性などに多く見られましたが、生活習慣の変化やスマートフォン普及などの影響で現在は発症が増加傾向にあります。

 

生活習慣の見直しなどで症状の改善を行うことも可能ですが再発の可能性も否定できないのも事実です。症状によっては整形外科で外科的治療が行われますが、鍼灸接骨院で施術する鍼灸治療で原因治療を行うことが胸郭出口症候群の効果的な治療法だと考えられてます。

 

胸郭出口症候群とは

一般的に胸郭出口症候群の病名が用いられていますが、胸郭出口症候群は次に挙げる病態によって引き起こされる症状の総称として使われます。

 

・斜角筋症候群

手を挙げる動作で首の前の前斜角筋と中斜角筋の間が狭くなり、間を通る腕神経叢(わんしんけいそう)が圧迫される症状。

 

・肋鎖症候群

首の前の前斜角筋と中斜角筋の後に腕神経叢(わんしんけいそう)が通る鎖骨と第一肋骨の肋鎖間隙と呼ばれる隙間が狭く神経が圧迫される症状。

 

・小胸筋症候群

首の前の前斜角筋と中斜角筋、鎖骨と第一肋骨の隙間を経由した腕神経叢(わんしんけいそう)が次に胸の小胸筋の下を通る時に筋肉が緊張することで神経が圧迫される症状。

 

・頚肋(けいろく)

頸椎(けいつい)最下部に本来存在しないはずの頚肋と呼ばれる骨があるため、腕神経叢(わんしんけいそう)が圧迫される症状。

腕神経叢が圧迫され痛みや痺れが発生する胸郭出口症候群は圧迫された神経が原因で発症するように感じますが、神経を圧迫する筋肉が発生原因となるため斜角筋症候群や小胸筋症候群と呼ばれ、各部の筋肉が緊張状態にあることで胸郭出口症候群が発症します。

 

各部の筋肉の緊張は長時間同じ姿勢で過ごすオフィスワークやスマートフォンの使用などで引き起こされるものが近年増加しているため、定期的に体を動かすなどの習慣を生活に取り入れることで症状が改善されるケースも存在します。

 

しかし生活習慣の見直しで症状が改善された場合でも再発の可能性が否定できないため効果的な原因治療を行うことが重要となります。

 

既に紹介した整形外科で行われる外科的治療は頚肋(けいろく)に対して行われる治療で、本来存在しないはずの頚肋を外科治療で切り取ることがことが有効な治療法であるため、鍼灸治療が胸郭出口症候群の現実的で効果的な治療法だと言えます。

 

胸郭出口症候群の症状と注意する点

緊張状態の筋肉が腕神経叢(わんしんけいそう)を圧迫することで発症するため胸郭出口症候群の発生原因は神経を圧迫する筋肉であることは既に紹介しましたが、神経が圧迫されるため胸郭出口症候群は次に挙げる症状が現れます。

 

・肩こりや肩から肩甲部にかけての痺れ

・腕や手先の腫れや倦怠感

・肩から手先に走るような痛みや痺れ

・腕や手先の冷え

・腕や手の筋肉の萎縮や握力低下

 

一般的に神経障害によって引き起こされる症状が目立つのは胸郭出口症候群によって神経が圧迫されるためで、胸郭出口症候群を放置することで症状が進行し最悪の場合脊椎にダメージが及ぶリスクも潜んでいます。

 

脊椎は体の土台である骨盤と頭蓋骨を繋ぐ非常に重要な器官であり、多くの神経は脊椎から伸びていますので脊椎にダメージが及ぶと全身麻痺など深刻な症状を引き起こす可能性も発生しますので胸郭出口症候群は軽視できない病気だと捉えるべきでしょう。

 

胸郭出口症候群のリハビリ

胸郭出口症候群が生活習慣によって引き起こされている場合は生活習慣を見直すことで症状が改善されるケースは存在するものの、生活習慣の見直しには再発リスクが潜むことや整形外科の外科的治療は治療対象が限定的であることは既に紹介しました。

 

鍼灸接骨院が施術する鍼灸治療を受けることが最も現実的で効果的な胸郭出口症候群の治療法で、鍼灸治療では胸郭出口症候群で生じる痛みや痺れの症状緩和と共に筋肉の緊張を発生させる体全身の歪みを矯正することで原因治療を行います。

 

胸郭出口症候群で生じる痛みや痺れの症状緩和にはマッサージを含む鍼灸治療が施術されますが、緊張状態に陥ったトリガーポイントと呼ばれる患部の緊張を緩和させる必要があり、深い知識と高い技術を持つ鍼灸師の施術でトリガーポイントにアプローチが可能です。

 

また対症療法である痛みや痺れの症状緩和と共に体全身の歪みの矯正を行うことで原因治療を施しますが、体の歪みに大きく影響しているのが骨盤の歪みであることから胸郭出口症候群の治療で骨盤矯正を行うケースも珍しくありません。

 

鍼灸接骨院が施術する胸郭出口症候群の鍼灸治療は、痛みや痺れの症状緩和と共に体のトータルバランスを整えることで人間が本来持っている自然治癒能力を向上させるリハビリ治療の色合いが濃い治療法だと言えるでしょう。

 

胸郭出口症候群による骨盤矯正

胸郭出口症候群は、発症すると神経障害の症状が表にでるものの発生原因は筋肉の緊張状態であるものが大部分であることから、筋肉の緊張緩和を行うことが症状緩和に繋がります。

 

しかし症状緩和はあくまで対症療法であることから体全身の歪みの矯正を行うことが効果的で原因治療に繋がるため、歪みを矯正し本来のバランスの取れた体を取り戻すことが胸郭出口症候群の治療には必要だと考えられます。

 

体の中心に位置し背骨を支える重要な器官の骨盤が歪んでいる状態では全身のトータルバランスを整えることができませんので、骨盤矯正を行い脊椎の歪みを整えることが胸郭出口症候群の効果的な原因治療に繋がります。

 

胸郭出口症候群に苦しむ方は鍼灸接骨院で骨盤矯正を行うことを強くおすすめします。

投稿日: 2020年5月18日 (月)