宝塚の整骨院 骨盤矯正 交通事故治療はおかだ鍼灸整骨院

  • 各種保険 交通事故対応 宝塚 鍼灸院
  • アクセス 宝塚 鍼灸院

緊急事態宣言後も、ウイルス対策・院内環境整備を徹底したうえで、営業しております。

エキテン口コミランキング1位 宝塚 鍼灸院

宝塚市売布東の町11-5

079-720-6756

受付時間

電話番号

頭痛 肩こり 腰痛でお困りの方
頭痛 肩こり 腰痛でお困りの方
ぎっくり腰の治し方⑤
/

こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。

ぎっくる腰の治し方④の続きです。image12

ぎっくり腰になってしまった直後

ぎっくり腰になってしまった直後は、多くの人が慌ててしまうことでしょう。そこで慌てて動いてしまうと悪化することになります。

ぎっくり腰になった直後は何よりも動かないことが大切です。動かないという事が応急処置なのです。

最初の痛みが少しずつ引いてきたら腰を動かさないように気をつけながら横になりましょう。腰を動かさないように、あるのであればクッションのようなものを腰に当て、痛みが和らぐ姿勢をとります。

このようにぎっくり腰になってしまった直後にきちんと安静にすることで、治るまでの時間が短く済むのです。

ぎっくり腰になってしまった日は体内に熱がこもるので、夕方から夜にかけて痛みが増してきます。

ぎっくり腰の原因は筋肉が炎症を起こしてしまったことによるものなので、氷や水を使って冷却します。温めてしまうと悪化してしまいます。

翌日以降

翌日も安静を心がけ、少しずつ足の指先や足首を動かしてみます。2.3日すると痛みが治まってきますが無理は禁物です。

痛みが治まるとともに筋肉の炎症もひいてきているので、この後は温めるようにします。1週間後には通常しまうの生活が送れるようになるでしょう。

ぎっくり腰になったら冷やすの?温めるの?

ぎっくり腰になった場合、患部を冷やす方が良いのか温める方が良いのか迷ってしまう事は少なくありません。

ただ合わない処置をしてしまうとなかなか治らないと言う事にもつながるので、正しい処置を知っておく必要があります。

まず、ぎっくり腰になったばかりの時は冷やします。

これは患部が炎症を起こしており、痛みを感じているからです。

痛みがある程度良くなるまではしっかりと冷やして炎症を抑える事を重点的に行います。

そうする事によって、次第に痛みが軽減していく場合が多くなります。

またこの時は出来るだけ腰を動かさない事が重要で、無理を動かして

しまうとなかなか炎症が治まらないと言う事も決して珍しくありません。

投稿日: 2016年10月08日 (土)