宝塚の整骨院 骨盤矯正 交通事故治療はおかだ鍼灸整骨院

おかだ鍼灸整骨院
  • 各種保険 交通事故対応
  • アクセス

緊急事態宣言後も、ウイルス対策・院内環境整備を徹底したうえで、営業しております。

エキテン口コミランキング1位

宝塚市売布東の町11-5

079-720-6756

受付時間

電話番号

頭痛 肩こり 腰痛でお困りの方
なかなか緩和しないつらい肩こりの原因とその解消方法

近年、肩こり音に悩まされている人はとても多いです。もんでみたり、ストレッチしてみたり、あたためてみたり、湿布を貼ってみたりして解消を試みる人も多いでしょう。そんな肩こりの原因や解消方法についてみていってみましょう。

肩こりの原因とその解消方法

近年悩んでいる人が多い肩こりですが、その原因には色々あります。

肩こりの原因

原因は一つには絞れませんが、肩こりの主な理由は以下の通りとされています。

①パソコン中心のデスクワークで動かなかったり同じ姿勢を撮り続けてたりするから。

②ストレスによる疲労。

③筋肉に疲労が溜まり筋肉をこわばらせる筋緊張。

④肩の使い過ぎによる筋肉の疲労。

以上のような原因によって肩こりが起こります。肩こりは、肩こりだけでも上半身が重く辛いものですが、しばし頭痛の原因となります。慢性的な肩こりは偏頭痛・頭痛を引き起こす原因となります。近年頭痛に悩まされる人はとても増えていて、頭痛の原因の多くは「筋緊張型頭痛」と言われています。

肩こりは頭痛の元

「緊張型頭痛」は、頭から首や肩にかけての筋肉が緊張して、血流が悪くなり筋肉に疲労物質が溜まったことにより神経が刺激されて痛みが起こるという構造になっています。筋肉の緊張は、長時間同じ姿勢を続けていたり、不安や心配などから起こるストレスが原因のことが多いです。パソコンワークなどが増えた現在に増えた現代病ともいわれています。

頭痛がひどく、頭痛薬を飲んでも肩こりからきた緊張型の頭痛の場合なかなか薬の効き目が悪いことが多いです。こうなってしまったら、頭痛の原因となっている肩こりを解消しなくてはなりません。肩こりは、温めたら緩和されるまた、湿布を貼ると緩和される、筋肉をもみほぐすと緩和される、ストレッチなどをして体を十分に伸ばすと緩和されますが、慢性的な肩こりになるとこれらの簡単な処置ではなかなか緩和されなくなります。

なかなか緩和されない頑固な肩こりを治すには?

肩こりを解消するには、マッサージマシンでもむ、自分でもむ、誰かにもんでもらう、血行を良くするためにぬるめのお風呂にゆっくりつかる、湿布薬を貼る、同等効果のある塗り薬を塗る等の措置があります。どれも一時的な改善はありますが、根本から治すのは案外難しく、ひどい肩こりは何をしても効果が短く、挙句にどれも繰り返していると効果が薄くなる、あまりなくなるということがあります。

頑固な肩りはどうしたらいいの

肩こりの中には、背骨の傾きが原因となっている肩こりが比較的多くおいです。なので、マッサージ機などで表面を揉みほぐしてもその時気持ちは良くても、根源は何も変わっていないので少し時間が経つとまたすぐにひどいコリを感じるなどの症状がおこります。肩が凝ると不快だし、頭痛も生じることがあるので、治さないと大変です。そんな骨や身体のゆがみが原因の肩こりを根本的に治すには、通常のマッサージでは手が届くことのない筋肉の奥深いところまでアプローチをしなくてはいけません。といっても、自分ではそんな筋肉の奥深いところまで治療することができません。なので肩こりの根治を目指すのであれば、整骨院に行って専門家に筋肉の調整や骨格調整、また鍼や灸による血行の改善をする必要があります。

肩こりの解消してスッキリしましょう

日々の生活、同じ姿勢で座りっぱなしにしないなど、なるべく肩こりが生じないように生活をしましょう。それでも、お仕事などでそうせざるを得ない場合には、一定時間たったら座ったまましっかり上半身の運動を行いましょう。それでも辛い肩こりが生じた時には、肩こりを元から治すべく整骨院などへ行き治療してもらいましょう。

投稿日: 2019年11月16日 (土)