宝塚の整骨院・骨盤矯正ならおかだ鍼灸整骨院

おかだ鍼灸整骨院 エキテン 3つのアピール 地図 住所
ヘッダー電話 営業時間
おかだ鍼灸整骨院
ヘッダー保険、事故、労災 ヘッダー地図 ヘッダー電話 大手口コミサイトにてアクセスランキング1位 口コミで多数の患者様がいらっしゃいます
ホームボタン
  • 骨盤矯正
  • 猫背矯正
  • 産後矯正
  • 鍼灸治療
  • 楽トレ
  • ハイボルテージ治療
  • 頭痛・肩こり
  • 腰痛・ヘルニア
  • 膝痛
  • スポーツ障害
  • 女性の悩み
  • 交通事故(むちうち)
初めての方へ 料金のご案内 当院へのアクセス スタッフ紹介 患者様の声 骨盤矯正 楽トレ おかだ訪問鍼灸院 事故緊急ダイヤル

カテゴリー

☆宝塚市売布・中山寺の『おかだ鍼灸整骨院』☆腰椎椎間板ヘルニアはどんな症状?実は手術するケースは少数!

2018-01-15

こんにちは
【阪急売布神社駅・中山観音駅・JR中山寺駅から徒歩6分】
宝塚市売布にあります
『おかだ鍼灸整骨院』岡田です。

今日のお題は

『腰椎椎間板ヘルニア』です。

 

腰椎椎間板ヘルニアはどんな症状?実は手術するケースは少数!

スポーツ選手や高齢になったことで発症することのある腰椎椎間板ヘルニアは、名前は聞いたことがある方がほとんどだと思いますが、実際にどんな症状であるか理解している方は実は少ないのです。

それでは、腰椎椎間板ヘルニアとは、どんな症状なのでしょうか。また、症状が発生してしまうと手術をしないといけないと考えている方もいますが、実際のところはわからない方も多いでしょう。

 

 

今回は、

そんな腰椎椎間板ヘルニアについて詳しく解説していきます。

腰椎椎間板ヘルニアが腰痛の原因の割合は5%

腰椎椎間板ヘルニアというのは、腰骨のクッション材の働きを行っている椎間板が、腰に負担がかかってしまうことで、変形して飛び出してしまい、神経を圧迫することで、腰痛などを引き起こしてしまうものです。

急に発症することは少なく、ただの腰痛と判断する方が多いため、気付けば症状が悪化してしまっていたという方も多いのが、腰椎椎間板ヘルニアの特徴になっています。

しかし、この腰椎椎間板ヘルニアが原因で腰痛を訴える方は通院してくる方の5%にも満たないと言われています。そのため、ほとんどの腰痛は腰椎椎間板ヘルニアが原因ではないのが現状です。

また、腰痛の85%は原因不明であることが多いことから、腰椎椎間板ヘルニアかどうか判断するのは難しい状況にあります。

それでは、どのように腰椎椎間板ヘルニアと判断することができるのでしょうか。

 

 

「神経学的検査」と「画像検査」で検査

見た目では普通の腰痛と腰椎椎間板ヘルニアの見極めが難しいため、検査は特殊な方法が用いられます。

その方法が、「神経学的検査」と「画像検査」です。「神経学的検査」は、全身を詳しく検査するために使われる検査で、安静にした状態で感覚や筋力に問題がないか検査することが可能になっています。

筋力の一つ一つを検査して、皮膚の感覚までも調査して、麻痺がないかの反応を診断してくれます。

「画像検査」は、MRIやCTが使用され、実際に椎間板が飛び出しているのか、見た目で判断することが可能です。しかし、見た目以上に症状がひどくない可能性も考えられるため、「神経学的検査」の診断と合わせて、腰椎椎間板ヘルニアの症状を判断することが一般的になっています。

「画像検査」だけで判断して、急いで手術を希望する方がいますが、実際に手術が必要な腰椎椎間板ヘルニアは稀です。そのため、慎重に診察してもらい、症状がひどい場合に限り、手術を決断するといいでしょう。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアで手術が必要な場合は?

基本的に、手術を行うまで腰椎椎間板ヘルニアが悪化することは少ないのですが、それでも腰痛を放置していると、手術を行わないと症状を治すことができない場合があります。

その場合には、全身麻酔下で5~6cm背中を切開し、飛び出したヘルニアを切除する手術方法と局所麻酔下で6~7mm程度の切開創から内視鏡と専用の手術器具を挿入して、手術を行う方法があります。

他にも、体に優しい手術方法として、3mm程度の小切開を行い、内視鏡を使用し、ヘルニアを取り除いてから、ラジオ波と呼ばれる高周波電流で椎間板を焼き固める方法も可能です。

自分の腰椎椎間板ヘルニアの症状に合わせて、手術方法を検討してみるといいでしょう。どの方法がいいかわからない方は、担当医に体の負担が軽いのは、どの手術方法なのかなど、質問してみるといいでしょう。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアの症状が軽い場合は整骨院で治療を行う

病院などで腰椎椎間板ヘルニアを診断されても、悪化していなければ、手術ではなく、気長に治療していけば、症状を改善することが可能です。

整骨院に任せれば、体の土台となる骨盤や柱となる背骨の矯正によって、体の骨格全体を整えて、姿勢のバランスを整えることができます。

そうすれば、腰痛の症状は以前よりも、改善の兆候を見せるので、日常生活においても痛みが発生することを防いでくれるでしょう。

 

 

手術を検討する前に、まずは整骨院で症状の改善を臨んでみてはいかがでしょうか⁇

 

ではまた!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
骨盤矯正・猫背矯正・産後骨盤、交通事故によるムチウチ、ケガなら
『おかだ鍼灸整骨院』
ホームページ:http://okada-shinkyuseikotsuin.com/
エキテン:https://www.ekiten.jp/shop_7162440/
住所:宝塚市売布東の町11-5
TEL:0797-20―6756
受付時間:
月・火・水・金【9時~12時/15時~20時】
木【9時~13時】
土曜【9時~13時/15時~18時】
休診日【木曜午後・日曜・祝日】
アクセス:阪急売布神社駅・中山観音駅・JR中山寺駅から徒歩6分
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
当院では骨格矯正・筋肉調整・インナーマッスル強化の3つの施術を組み合わせることで再発しない身体作り、根本治療を行っています。
その他、鍼灸、手技療法の他、ハイボルテージ治療なども豊富に備えています。
腰痛、肩こり、頭痛、ねんざ、打撲、交通事故治療など、あなたのお悩みは宝塚市売布・中山寺にある『おかだ鍼灸整骨院』にお任せください!

☆宝塚市売布・中山寺の『おかだ鍼灸整骨院』☆腰椎椎間板ヘルニアはどんな症状?実は手術するケースは少数!

こんにちは
【阪急売布神社駅・中山観音駅・JR中山寺駅から徒歩6分】
宝塚市売布にあります
『おかだ鍼灸整骨院』岡田です。

今日のお題は

『腰椎椎間板ヘルニア』です。

 

腰椎椎間板ヘルニアはどんな症状?実は手術するケースは少数!

スポーツ選手や高齢になったことで発症することのある腰椎椎間板ヘルニアは、名前は聞いたことがある方がほとんどだと思いますが、実際にどんな症状であるか理解している方は実は少ないのです。

それでは、腰椎椎間板ヘルニアとは、どんな症状なのでしょうか。また、症状が発生してしまうと手術をしないといけないと考えている方もいますが、実際のところはわからない方も多いでしょう。

 

 

今回は、

そんな腰椎椎間板ヘルニアについて詳しく解説していきます。

腰椎椎間板ヘルニアが腰痛の原因の割合は5%

腰椎椎間板ヘルニアというのは、腰骨のクッション材の働きを行っている椎間板が、腰に負担がかかってしまうことで、変形して飛び出してしまい、神経を圧迫することで、腰痛などを引き起こしてしまうものです。

急に発症することは少なく、ただの腰痛と判断する方が多いため、気付けば症状が悪化してしまっていたという方も多いのが、腰椎椎間板ヘルニアの特徴になっています。

しかし、この腰椎椎間板ヘルニアが原因で腰痛を訴える方は通院してくる方の5%にも満たないと言われています。そのため、ほとんどの腰痛は腰椎椎間板ヘルニアが原因ではないのが現状です。

また、腰痛の85%は原因不明であることが多いことから、腰椎椎間板ヘルニアかどうか判断するのは難しい状況にあります。

それでは、どのように腰椎椎間板ヘルニアと判断することができるのでしょうか。

 

 

「神経学的検査」と「画像検査」で検査

見た目では普通の腰痛と腰椎椎間板ヘルニアの見極めが難しいため、検査は特殊な方法が用いられます。

その方法が、「神経学的検査」と「画像検査」です。「神経学的検査」は、全身を詳しく検査するために使われる検査で、安静にした状態で感覚や筋力に問題がないか検査することが可能になっています。

筋力の一つ一つを検査して、皮膚の感覚までも調査して、麻痺がないかの反応を診断してくれます。

「画像検査」は、MRIやCTが使用され、実際に椎間板が飛び出しているのか、見た目で判断することが可能です。しかし、見た目以上に症状がひどくない可能性も考えられるため、「神経学的検査」の診断と合わせて、腰椎椎間板ヘルニアの症状を判断することが一般的になっています。

「画像検査」だけで判断して、急いで手術を希望する方がいますが、実際に手術が必要な腰椎椎間板ヘルニアは稀です。そのため、慎重に診察してもらい、症状がひどい場合に限り、手術を決断するといいでしょう。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアで手術が必要な場合は?

基本的に、手術を行うまで腰椎椎間板ヘルニアが悪化することは少ないのですが、それでも腰痛を放置していると、手術を行わないと症状を治すことができない場合があります。

その場合には、全身麻酔下で5~6cm背中を切開し、飛び出したヘルニアを切除する手術方法と局所麻酔下で6~7mm程度の切開創から内視鏡と専用の手術器具を挿入して、手術を行う方法があります。

他にも、体に優しい手術方法として、3mm程度の小切開を行い、内視鏡を使用し、ヘルニアを取り除いてから、ラジオ波と呼ばれる高周波電流で椎間板を焼き固める方法も可能です。

自分の腰椎椎間板ヘルニアの症状に合わせて、手術方法を検討してみるといいでしょう。どの方法がいいかわからない方は、担当医に体の負担が軽いのは、どの手術方法なのかなど、質問してみるといいでしょう。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアの症状が軽い場合は整骨院で治療を行う

病院などで腰椎椎間板ヘルニアを診断されても、悪化していなければ、手術ではなく、気長に治療していけば、症状を改善することが可能です。

整骨院に任せれば、体の土台となる骨盤や柱となる背骨の矯正によって、体の骨格全体を整えて、姿勢のバランスを整えることができます。

そうすれば、腰痛の症状は以前よりも、改善の兆候を見せるので、日常生活においても痛みが発生することを防いでくれるでしょう。

 

 

手術を検討する前に、まずは整骨院で症状の改善を臨んでみてはいかがでしょうか⁇

 

ではまた!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
骨盤矯正・猫背矯正・産後骨盤、交通事故によるムチウチ、ケガなら
『おかだ鍼灸整骨院』
ホームページ:http://okada-shinkyuseikotsuin.com/
エキテン:https://www.ekiten.jp/shop_7162440/
住所:宝塚市売布東の町11-5
TEL:0797-20―6756
受付時間:
月・火・水・金【9時~12時/15時~20時】
木【9時~13時】
土曜【9時~13時/15時~18時】
休診日【木曜午後・日曜・祝日】
アクセス:阪急売布神社駅・中山観音駅・JR中山寺駅から徒歩6分
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
当院では骨格矯正・筋肉調整・インナーマッスル強化の3つの施術を組み合わせることで再発しない身体作り、根本治療を行っています。
その他、鍼灸、手技療法の他、ハイボルテージ治療なども豊富に備えています。
腰痛、肩こり、頭痛、ねんざ、打撲、交通事故治療など、あなたのお悩みは宝塚市売布・中山寺にある『おかだ鍼灸整骨院』にお任せください!

フッター営業時間 フッター電話

フッター営業時間

Copyright © 2016 おかだ整骨鍼灸院 All Rights Reserved.