宝塚の整骨院 骨盤矯正 交通事故治療はおかだ鍼灸整骨院

おかだ鍼灸整骨院 エキテン 3つのアピール 地図 住所
ヘッダー電話 営業時間
おかだ鍼灸整骨院
ヘッダー保険、事故、労災 ヘッダー地図 ヘッダー電話 大手口コミサイトにてアクセスランキング1位 口コミで多数の患者様がいらっしゃいます
ホームボタン
  • 骨盤矯正
  • 猫背矯正
  • 産後矯正
  • 鍼灸治療
  • 楽トレ
  • ハイボルテージ治療
  • 頭痛・肩こり
  • 腰痛・ヘルニア
  • 膝痛
  • スポーツ障害
  • 女性の悩み
  • 交通事故(むちうち)
初めての方へ 料金のご案内 当院へのアクセス スタッフ紹介 患者様の声 骨盤矯正 楽トレ おかだ訪問鍼灸院 事故緊急ダイヤル

カテゴリー

風邪のツボ①

2017-04-04

こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。mig

ツボの裏ワザ

風邪のツボ押し

風邪の予防と対策

風邪は万病の元 1年中、いつも風邪を引いている人もいるかと思えば、大半が風邪をひいているのにビクともしない人がいる。この違いは何なんだろうか。

風邪とは

風邪とは、急性の上気道の炎症(鼻炎、咽頭喉頭炎、扁桃炎)を総称したもので、大部分が「かぜウィルス」と呼ばれるウィルス群の感染により起こります。風邪症候群の代表的な疾患には次のようなものがあります。普通感冒(鼻かぜなど)、流行性感冒、(インフルエンザ)、咽頭結膜炎(プール熱)などの夏風邪があります。風邪をそのまま音読みすると「ふうじゃ」と読みます。中国医学の考えでは『風』という病気も元『邪」により引き起こされる病気という意味で、「発熱」「寒気」などを主体とする症状を『風邪(ふうじゃ)」に侵されたと考えていました。これが、日本で一般化して「発熱」「悪寒」「鼻水」「咳」「のどの痛み」「頭痛」「全身の倦怠感」などの症状を引き起こす病気をまとめて『風邪」と呼ぶようになったのです。

風邪の症状

くしゃみ 鼻に入ってきたウィルスや異物を排除しょうとする体の防卸反応です。ウィルスなど異物の刺激を感知すると鼻粘膜にある知覚神経が刺激され、脳の中枢からの指示により空気を吸い込み、胸の筋肉を収縮し圧縮させ一気に吐き出します。これが、くしゃみです。

鼻づまり 侵入したウィルスの刺激で鼻粘膜の静脈が拡張し、透過性が高まり血管から血液成分の一部がしみだします。その為、組織が膨れ鼻粘膜が腫れ、鼻づまりをおこします。

鼻水 鼻腺・杯細胞などから出る分泌物と血管からでる血液成分の混合物で、炎症によって鼻粘膜の中にある肥満細胞からヒスタミンという物質が分泌され、神経を刺激し、鼻腺・杯細胞から鼻水が分泌されます。

喉の痛み 喉にウィルスが感染し組織が損傷を受けると、細胞からプロスタグランジン(体の中につくられる生理活性物質)が産生され、炎症を起こします。そして、喉の痛みを感じるとともに血管が拡張し赤く腫れが生じます。

痰 細胞の死骸や病原体、気道粘膜が炎症を起こしたために分泌された水分やムチン、それに、白血球などが合わさった粘液状のもの。

咳 軌道に入ってきた異物や痰を排除しょうという体の防卸反応です。異物やウィルスによって気道粘膜に炎症が起こり、その刺激が迷走神経を通して脳にある延髄の咳中枢に信号が送られます。その結果、咳中枢が興奮し異物を排除するようにと命令が出て、横隔膜と肋間筋を収縮させ咳がおこります。

発熱 ウィルスの感染による全身の反応で、脳の視床下部にある体温調節中枢にプロスタグランジンという物質が作用して発熱をおこします。発熱はウィルスに対する防御反応の1つで熱はウィルスの増殖を抑え、抗体を作るのを助ける働きがあります。

風邪のツボ①

こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。mig

ツボの裏ワザ

風邪のツボ押し

風邪の予防と対策

風邪は万病の元 1年中、いつも風邪を引いている人もいるかと思えば、大半が風邪をひいているのにビクともしない人がいる。この違いは何なんだろうか。

風邪とは

風邪とは、急性の上気道の炎症(鼻炎、咽頭喉頭炎、扁桃炎)を総称したもので、大部分が「かぜウィルス」と呼ばれるウィルス群の感染により起こります。風邪症候群の代表的な疾患には次のようなものがあります。普通感冒(鼻かぜなど)、流行性感冒、(インフルエンザ)、咽頭結膜炎(プール熱)などの夏風邪があります。風邪をそのまま音読みすると「ふうじゃ」と読みます。中国医学の考えでは『風』という病気も元『邪」により引き起こされる病気という意味で、「発熱」「寒気」などを主体とする症状を『風邪(ふうじゃ)」に侵されたと考えていました。これが、日本で一般化して「発熱」「悪寒」「鼻水」「咳」「のどの痛み」「頭痛」「全身の倦怠感」などの症状を引き起こす病気をまとめて『風邪」と呼ぶようになったのです。

風邪の症状

くしゃみ 鼻に入ってきたウィルスや異物を排除しょうとする体の防卸反応です。ウィルスなど異物の刺激を感知すると鼻粘膜にある知覚神経が刺激され、脳の中枢からの指示により空気を吸い込み、胸の筋肉を収縮し圧縮させ一気に吐き出します。これが、くしゃみです。

鼻づまり 侵入したウィルスの刺激で鼻粘膜の静脈が拡張し、透過性が高まり血管から血液成分の一部がしみだします。その為、組織が膨れ鼻粘膜が腫れ、鼻づまりをおこします。

鼻水 鼻腺・杯細胞などから出る分泌物と血管からでる血液成分の混合物で、炎症によって鼻粘膜の中にある肥満細胞からヒスタミンという物質が分泌され、神経を刺激し、鼻腺・杯細胞から鼻水が分泌されます。

喉の痛み 喉にウィルスが感染し組織が損傷を受けると、細胞からプロスタグランジン(体の中につくられる生理活性物質)が産生され、炎症を起こします。そして、喉の痛みを感じるとともに血管が拡張し赤く腫れが生じます。

痰 細胞の死骸や病原体、気道粘膜が炎症を起こしたために分泌された水分やムチン、それに、白血球などが合わさった粘液状のもの。

咳 軌道に入ってきた異物や痰を排除しょうという体の防卸反応です。異物やウィルスによって気道粘膜に炎症が起こり、その刺激が迷走神経を通して脳にある延髄の咳中枢に信号が送られます。その結果、咳中枢が興奮し異物を排除するようにと命令が出て、横隔膜と肋間筋を収縮させ咳がおこります。

発熱 ウィルスの感染による全身の反応で、脳の視床下部にある体温調節中枢にプロスタグランジンという物質が作用して発熱をおこします。発熱はウィルスに対する防御反応の1つで熱はウィルスの増殖を抑え、抗体を作るのを助ける働きがあります。

フッター営業時間 フッター電話

フッター営業時間

Copyright © 2016 おかだ整骨鍼灸院 All Rights Reserved.