宝塚の整骨院 鍼灸院 骨盤矯正・交通事故治療のおかだ鍼灸整骨院

おかだ鍼灸整骨院 エキテン 3つのアピール 地図 住所
ヘッダー電話 営業時間
おかだ鍼灸整骨院
ヘッダー保険、事故、労災 ヘッダー地図 ヘッダー電話 大手口コミサイトにてアクセスランキング1位 口コミで多数の患者様がいらっしゃいます
ホームボタン
  • 骨盤矯正
  • 猫背矯正
  • 産後矯正
  • 鍼灸治療
  • 楽トレ
  • ハイボルテージ治療
  • 頭痛・肩こり
  • 腰痛・ヘルニア
  • 膝痛
  • スポーツ障害
  • 女性の悩み
  • 交通事故(むちうち)
初めての方へ 料金のご案内 当院へのアクセス スタッフ紹介 岡田訪問鍼灸院 岡田訪問鍼灸院 岡田訪問鍼灸院 事故緊急ダイヤル

カテゴリー

疲労を早く回復させる方法⑥

2017-01-23

こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。プリント

筋肉疲労と間違いやすい病気

筋肉疲労と間違いやすい病気には、下記にようなものがあります。

変形性関節症・リウマチ・繊維筋痛症・椎間板ヘルニア、病気が原因による痛みの場合、専門治療を受けることが必要です。

変形性関節症

変形性関節症は、関節の軟骨成分が変形またはすり減る病気です。関節にある滑膜が炎症を起こし、変形が進行します。治療には、痛み止めの処方と軽い運動を平行し、病気の進行を食い止める治療方法が主流です。軽い運動が必要となるのは、固まった関節の可動域を広げる目的があります。

リウマチ

リウマチは、原因の特定が難しく、治療方法も特別であるため、リウマチ専門医を受診すべきです。リウマチは難治性疾患であり、長く付き合うことになる病気ゆえ、専門医の指導に従って生活を送りましょう。治療は、投薬の痛みのコントロールを行い、抗炎症作用があるステロイドも服用が行われます。症状の応じ、免疫抑制剤や生物学的製剤といった薬の服用も必要です。リハビリを同時に取り入れていき、関節が変形したまま固まるのを避ける治療が行われます。また、リウマチにおいては、過度の運動は危険です。軽い運動と休息を交互に行いましょう。

繊維筋痛症

繊維筋痛症は、原因がまだ分かっていません。そのため、完治は難しい病気です。首・背中・腰・足といった広い範囲に痛みを感じ、しびれや筋肉の硬直を覚えるでしょう。リウマチと似ている病気ではあるものの、関節の変形はありません。主な治療法は、痛み止めと電気や温熱療法を行い、リハビリやマッサージを並行します。軽い有酸素運動を取り入れることで、筋肉を鍛えることができるでしょう。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、仙骨・第4腰椎・第5腰椎が狭まり、軟骨成分が露出することで痛みを発症する病気です。腰痛に加え、足や背中にしびれといった神経障害による痛みを感じます。腰痛が続き、姿勢が悪くなって日常生活の動作にも影響が出るため、早期治療がベストです。痛みを薬で止めるか、トリガーポイント注射などで痛みの緩和を行い、動かしやすい状態にします。なるべくストレッチで筋肉をほぐし、腰痛が再発しないよう筋肉を鍛える方法で治療するのが一般的です。

疲労を早く回復させる方法⑥

こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。プリント

筋肉疲労と間違いやすい病気

筋肉疲労と間違いやすい病気には、下記にようなものがあります。

変形性関節症・リウマチ・繊維筋痛症・椎間板ヘルニア、病気が原因による痛みの場合、専門治療を受けることが必要です。

変形性関節症

変形性関節症は、関節の軟骨成分が変形またはすり減る病気です。関節にある滑膜が炎症を起こし、変形が進行します。治療には、痛み止めの処方と軽い運動を平行し、病気の進行を食い止める治療方法が主流です。軽い運動が必要となるのは、固まった関節の可動域を広げる目的があります。

リウマチ

リウマチは、原因の特定が難しく、治療方法も特別であるため、リウマチ専門医を受診すべきです。リウマチは難治性疾患であり、長く付き合うことになる病気ゆえ、専門医の指導に従って生活を送りましょう。治療は、投薬の痛みのコントロールを行い、抗炎症作用があるステロイドも服用が行われます。症状の応じ、免疫抑制剤や生物学的製剤といった薬の服用も必要です。リハビリを同時に取り入れていき、関節が変形したまま固まるのを避ける治療が行われます。また、リウマチにおいては、過度の運動は危険です。軽い運動と休息を交互に行いましょう。

繊維筋痛症

繊維筋痛症は、原因がまだ分かっていません。そのため、完治は難しい病気です。首・背中・腰・足といった広い範囲に痛みを感じ、しびれや筋肉の硬直を覚えるでしょう。リウマチと似ている病気ではあるものの、関節の変形はありません。主な治療法は、痛み止めと電気や温熱療法を行い、リハビリやマッサージを並行します。軽い有酸素運動を取り入れることで、筋肉を鍛えることができるでしょう。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、仙骨・第4腰椎・第5腰椎が狭まり、軟骨成分が露出することで痛みを発症する病気です。腰痛に加え、足や背中にしびれといった神経障害による痛みを感じます。腰痛が続き、姿勢が悪くなって日常生活の動作にも影響が出るため、早期治療がベストです。痛みを薬で止めるか、トリガーポイント注射などで痛みの緩和を行い、動かしやすい状態にします。なるべくストレッチで筋肉をほぐし、腰痛が再発しないよう筋肉を鍛える方法で治療するのが一般的です。

フッター営業時間 フッター電話

フッター営業時間

Copyright © 2016 おかだ整骨鍼灸院 All Rights Reserved.