宝塚の整骨院 鍼灸院 骨盤矯正・交通事故治療のおかだ鍼灸整骨院

おかだ鍼灸整骨院 エキテン 3つのアピール 地図 住所
ヘッダー電話 営業時間
おかだ鍼灸整骨院
ヘッダー保険、事故、労災 ヘッダー地図 ヘッダー電話 大手口コミサイトにてアクセスランキング1位 口コミで多数の患者様がいらっしゃいます
ホームボタン
  • 骨盤矯正
  • 猫背矯正
  • 産後矯正
  • 鍼灸治療
  • 楽トレ
  • ハイボルテージ治療
  • 頭痛・肩こり
  • 腰痛・ヘルニア
  • 膝痛
  • スポーツ障害
  • 女性の悩み
  • 交通事故(むちうち)
初めての方へ 料金のご案内 当院へのアクセス スタッフ紹介 患者様の声 骨盤矯正 楽トレ おかだ訪問鍼灸院 事故緊急ダイヤル

カテゴリー

いろいろな神経痛とは⑥

2016-12-22

こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。hl2222

いろいろな神経痛⑤の続きです。

≪治療法≫

神経痛の治療は、主に「薬物療法」が中心となっています。薬物療法では基本的に、アセトアミノフェンやNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)が用いられ、湿布が処方されることもあります。しかし、こちらの薬で症状が良くならない場合は、神経障害性疼痛治療薬オピオイド鎮痛薬、鎮痛補助薬(抗うつ薬・抗てんかん薬・抗不整脈薬・ビタミンB12など)といった薬が必要に応じて用いられます。また、温熱療法・電気療法・牽引・マッサージ・コルセットの装着などの「理学療法(リハビリテーション)」も治療の一環で行うことがあります。

薬物療法や理学療法で十分な効果が表れない場合は、「神経ブロック」が併用されることもあります。これは、麻酔注射を神経や神経の周りに注射することで、痛みが伝わる神経の回路を遮断したり、注射した部位の筋肉の緊張を緩めたり、血流を改善させる目的があります。他にも、痛みの原因を知ったり、痛みの感じ方やとらえ方を見つめ直したりすることで、心理的な面からアプローチする「認知行動療法」が痛みの改善に有効な場合もあります。それ以外の治療法として、レーザー治療やイオントフォレーシス、光治療などがあります。しかし、治療しても思うような効果が現れず、日常生活に支障をきたすほどの症状がある場合は、手術の適応となることがあります。

助間神経痛 左右のどちらかに起こる胸の痛みの事を指します。したがって、時間が経過するとある働動きをすれば突発的な助骨が痛み出します。痛みの部位や程度には個人差があります。場合によっては助骨の痛みではなく、心臓や肺の痛みや背中が強く張るという症状にもなります。助骨神経痛は肺がんに似ている症状になるときがあります。深呼吸すると苦しくなることもあるので注意してください。

助間神経痛 治療法は体操する事です。体操を毎日すると腰がどんどん軽くなっていくのを実感できます。そうすれば、助間神経痛の症状も和らぎます。

坐骨神経痛

簡単なストレッチでかなり良くなります。お尻の筋肉をほぐすこともとても重要なので、意識をしながらストレッチや体操をしましょう。このようなスタイルを取り入れると約1か月半で坐骨神経痛が治るかもしれません。また簡単なストレッチとしては、テニスボールをグリグリすると効果が得られます。かなり有名な治療法ですが、何も道具を使わないので短期間で効果を得ることが出来ます。このような治療法を用いると体が歪むこともありません。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

本年も格別のご愛顧を賜わり
厚くお礼申し上げます。

来年もスタッフ一同、
お客様にご満足いただける
サービスを心がける所存です。

来年も、本年同様のご愛顧を
よろしくお願い申し上げます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

 

 

いろいろな神経痛とは⑥

こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。hl2222

いろいろな神経痛⑤の続きです。

≪治療法≫

神経痛の治療は、主に「薬物療法」が中心となっています。薬物療法では基本的に、アセトアミノフェンやNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)が用いられ、湿布が処方されることもあります。しかし、こちらの薬で症状が良くならない場合は、神経障害性疼痛治療薬オピオイド鎮痛薬、鎮痛補助薬(抗うつ薬・抗てんかん薬・抗不整脈薬・ビタミンB12など)といった薬が必要に応じて用いられます。また、温熱療法・電気療法・牽引・マッサージ・コルセットの装着などの「理学療法(リハビリテーション)」も治療の一環で行うことがあります。

薬物療法や理学療法で十分な効果が表れない場合は、「神経ブロック」が併用されることもあります。これは、麻酔注射を神経や神経の周りに注射することで、痛みが伝わる神経の回路を遮断したり、注射した部位の筋肉の緊張を緩めたり、血流を改善させる目的があります。他にも、痛みの原因を知ったり、痛みの感じ方やとらえ方を見つめ直したりすることで、心理的な面からアプローチする「認知行動療法」が痛みの改善に有効な場合もあります。それ以外の治療法として、レーザー治療やイオントフォレーシス、光治療などがあります。しかし、治療しても思うような効果が現れず、日常生活に支障をきたすほどの症状がある場合は、手術の適応となることがあります。

助間神経痛 左右のどちらかに起こる胸の痛みの事を指します。したがって、時間が経過するとある働動きをすれば突発的な助骨が痛み出します。痛みの部位や程度には個人差があります。場合によっては助骨の痛みではなく、心臓や肺の痛みや背中が強く張るという症状にもなります。助骨神経痛は肺がんに似ている症状になるときがあります。深呼吸すると苦しくなることもあるので注意してください。

助間神経痛 治療法は体操する事です。体操を毎日すると腰がどんどん軽くなっていくのを実感できます。そうすれば、助間神経痛の症状も和らぎます。

坐骨神経痛

簡単なストレッチでかなり良くなります。お尻の筋肉をほぐすこともとても重要なので、意識をしながらストレッチや体操をしましょう。このようなスタイルを取り入れると約1か月半で坐骨神経痛が治るかもしれません。また簡単なストレッチとしては、テニスボールをグリグリすると効果が得られます。かなり有名な治療法ですが、何も道具を使わないので短期間で効果を得ることが出来ます。このような治療法を用いると体が歪むこともありません。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

本年も格別のご愛顧を賜わり
厚くお礼申し上げます。

来年もスタッフ一同、
お客様にご満足いただける
サービスを心がける所存です。

来年も、本年同様のご愛顧を
よろしくお願い申し上げます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

 

 

フッター営業時間 フッター電話

フッター営業時間

Copyright © 2016 おかだ整骨鍼灸院 All Rights Reserved.