宝塚の整骨院 鍼灸院 骨盤矯正・交通事故治療のおかだ鍼灸整骨院

おかだ鍼灸整骨院 エキテン 3つのアピール 地図 住所
ヘッダー電話 営業時間
おかだ鍼灸整骨院
ヘッダー保険、事故、労災 ヘッダー地図 ヘッダー電話 大手口コミサイトにてアクセスランキング1位 口コミで多数の患者様がいらっしゃいます
ホームボタン
  • 骨盤矯正
  • 猫背矯正
  • 産後矯正
  • 鍼灸治療
  • 楽トレ
  • ハイボルテージ治療
  • 頭痛・肩こり
  • 腰痛・ヘルニア
  • 膝痛
  • スポーツ障害
  • 女性の悩み
  • 交通事故(むちうち)
初めての方へ 料金のご案内 当院へのアクセス スタッフ紹介 岡田訪問鍼灸院 岡田訪問鍼灸院 岡田訪問鍼灸院 事故緊急ダイヤル

カテゴリー

鍼の効く坐骨神経痛と、鍼の効かない坐骨神経痛⑩

2016-11-09

こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。image

鍼の効く坐骨神経痛と、鍼の効かない坐骨神経痛⑨の続きです。

鍼を刺入すると足が締め付けられる感じが発生します。かえって痛みが増してますが大丈夫でしょうか?

大丈夫です。これが「気至病所」と呼ばれるもので、気が痛むところへ達しなければこうかがありません。

もともと大腰筋なり梨状筋なりに収縮し、坐骨神経を圧迫して痛みがでているのですから、その締め付けている筋肉へ刺入しているのです。すると、収縮している筋肉が、刺入によってさらに収縮しますので、坐骨神経への圧迫は強くなるわけです。当然にして足の締め付け感はひどくなります。それは坐骨神経を締め付けている筋肉に当たっているという事ですから、それを「気至病所」と呼んで、効果があるか否かの目安にしているのです。

足の締め付け感がなければ鍼は坐骨神経とは関係ない、別の筋肉に当たっているということなのです。もちろんこうした感覚があれば、それで鍼尖は問題のある筋肉へ達したということを示しており、それ以上は刺入しません。鍼尖が通過し、貫いてしまっては効果がないからです。20分以上置鍼すると、筋肉が緩んで痛みが軽くなります。ただし、この締め付けは波状攻撃のように20分ぐらい続いて治まり、しばらくすると再び始まります。そして締め付けの波状攻撃のように20分ぐらい続いて治まり、しばらくすると再び始まります。そして、締め付けの波状攻撃時間と程度は、治癒するに従って短縮し軽くなっていきます。

これは刺激による血液変化でも証明されています。鍼を刺入した直後、血圧を下げるツボがあっても、血圧は一時的に上がることが知られています。それからしばらくして下がり始めるのです。それは刺入直後に血管の抵抗が増すため血圧が上がり、置鍼中に血管の抵抗が減って血圧が下がるためだと判っていますが、その血管の抵抗とは、筋肉が締め付ける事と緩むことによって発生するものなのです。昔の人、竇漢卿などは「気至、釣り針を魚が飲み込むごとし。気が至らない、誰もいない建物の中を奥深く入ってゆくごとし」と、治療効果のある鍼は、筋肉が鍼を締め付けるために魚が引っ張るような手応えがあるが、効果のない鍼は人のいない建物の中をゆくように抵抗感がなくてゆるゆるだと表現しています。針の聖書である「内経」にも似たような表現があります。つまり疑っているところに刺入すれば、鍼尖が当たった途端に筋肉が収縮するということです。

こんなに深刺して大丈夫か?と心配されるでしょうが、だいじょうぶだ~。私の持っている写真集によれば、臍下1㎝で、男性大腰筋の直径が6㎝、脊柱起立筋と腰方形筋が5㎝で、合わせて11㎝、同じく臍下1㎝で、女性大腰筋の直径が3.5㎝、脊柱起立筋と腰方形筋5㎝、合わせて11㎝。同じく臍下1㎝で、女性大腰筋の直径が3.5㎝、脊柱起立筋と腰方形筋が5.5㎝で、合わせて9㎝、多少個人差はあれど、3寸鍼は9㎝あり、そのうち7~8㎝程度を刺入しますので、まず大腰筋を貫いて動脈まで達するかのうせいはありません。ただし、子供や痩せたお年寄りでは鍼の長さを短くする必要があります。体型に合わせて2~3寸の鍼を選択しています。しかし、普通の男性では5㎝刺入しないと、大腰筋に鍼尖が到達しないということになります。

 

鍼の効く坐骨神経痛と、鍼の効かない坐骨神経痛⑩

こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。image

鍼の効く坐骨神経痛と、鍼の効かない坐骨神経痛⑨の続きです。

鍼を刺入すると足が締め付けられる感じが発生します。かえって痛みが増してますが大丈夫でしょうか?

大丈夫です。これが「気至病所」と呼ばれるもので、気が痛むところへ達しなければこうかがありません。

もともと大腰筋なり梨状筋なりに収縮し、坐骨神経を圧迫して痛みがでているのですから、その締め付けている筋肉へ刺入しているのです。すると、収縮している筋肉が、刺入によってさらに収縮しますので、坐骨神経への圧迫は強くなるわけです。当然にして足の締め付け感はひどくなります。それは坐骨神経を締め付けている筋肉に当たっているという事ですから、それを「気至病所」と呼んで、効果があるか否かの目安にしているのです。

足の締め付け感がなければ鍼は坐骨神経とは関係ない、別の筋肉に当たっているということなのです。もちろんこうした感覚があれば、それで鍼尖は問題のある筋肉へ達したということを示しており、それ以上は刺入しません。鍼尖が通過し、貫いてしまっては効果がないからです。20分以上置鍼すると、筋肉が緩んで痛みが軽くなります。ただし、この締め付けは波状攻撃のように20分ぐらい続いて治まり、しばらくすると再び始まります。そして締め付けの波状攻撃のように20分ぐらい続いて治まり、しばらくすると再び始まります。そして、締め付けの波状攻撃時間と程度は、治癒するに従って短縮し軽くなっていきます。

これは刺激による血液変化でも証明されています。鍼を刺入した直後、血圧を下げるツボがあっても、血圧は一時的に上がることが知られています。それからしばらくして下がり始めるのです。それは刺入直後に血管の抵抗が増すため血圧が上がり、置鍼中に血管の抵抗が減って血圧が下がるためだと判っていますが、その血管の抵抗とは、筋肉が締め付ける事と緩むことによって発生するものなのです。昔の人、竇漢卿などは「気至、釣り針を魚が飲み込むごとし。気が至らない、誰もいない建物の中を奥深く入ってゆくごとし」と、治療効果のある鍼は、筋肉が鍼を締め付けるために魚が引っ張るような手応えがあるが、効果のない鍼は人のいない建物の中をゆくように抵抗感がなくてゆるゆるだと表現しています。針の聖書である「内経」にも似たような表現があります。つまり疑っているところに刺入すれば、鍼尖が当たった途端に筋肉が収縮するということです。

こんなに深刺して大丈夫か?と心配されるでしょうが、だいじょうぶだ~。私の持っている写真集によれば、臍下1㎝で、男性大腰筋の直径が6㎝、脊柱起立筋と腰方形筋が5㎝で、合わせて11㎝、同じく臍下1㎝で、女性大腰筋の直径が3.5㎝、脊柱起立筋と腰方形筋5㎝、合わせて11㎝。同じく臍下1㎝で、女性大腰筋の直径が3.5㎝、脊柱起立筋と腰方形筋が5.5㎝で、合わせて9㎝、多少個人差はあれど、3寸鍼は9㎝あり、そのうち7~8㎝程度を刺入しますので、まず大腰筋を貫いて動脈まで達するかのうせいはありません。ただし、子供や痩せたお年寄りでは鍼の長さを短くする必要があります。体型に合わせて2~3寸の鍼を選択しています。しかし、普通の男性では5㎝刺入しないと、大腰筋に鍼尖が到達しないということになります。

 

フッター営業時間 フッター電話

フッター営業時間

Copyright © 2016 おかだ整骨鍼灸院 All Rights Reserved.