宝塚の整骨院・骨盤矯正ならおかだ鍼灸整骨院

おかだ鍼灸整骨院 エキテン 3つのアピール 地図 住所
ヘッダー電話 営業時間
おかだ鍼灸整骨院
ヘッダー保険、事故、労災 ヘッダー地図 ヘッダー電話 大手口コミサイトにてアクセスランキング1位 口コミで多数の患者様がいらっしゃいます
ホームボタン
  • 骨盤矯正
  • 猫背矯正
  • 産後矯正
  • 鍼灸治療
  • 楽トレ
  • ハイボルテージ治療
  • 頭痛・肩こり
  • 腰痛・ヘルニア
  • 膝痛
  • スポーツ障害
  • 女性の悩み
  • 交通事故(むちうち)
初めての方へ 料金のご案内 当院へのアクセス スタッフ紹介 患者様の声 骨盤矯正 楽トレ おかだ訪問鍼灸院 事故緊急ダイヤル

カテゴリー

鍼の効く坐骨神経痛と、鍼の効かない坐骨神経痛⑧

2016-11-04

こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。

鍼の効く坐骨神経痛と、鍼の効かない坐骨神経痛⑦の続きです。hl2222

ヘルニアの予防

次に要望の多い、どうやったらヘルニアを防げるかという問題を書きます。これは体型に関係しますが、身長はどうしようもないので、まず太らないことです。太ると、お腹の先端に脂肪がつきますが、身体を支えているのは背骨です。つまり背骨を支点として腹を作用点、背筋を力点とすれば、テコの原理で作用点が支点である背骨から離れるほど、力点の背筋は強く引っ張らねばなりません。だから作用点を支点に近づけるために、痩せねばならないのです。

身体の前に重量物を抱えるのも、やはり作用点が重くなり、支点に負担がかかるので、背負うか肩の上に担ぐといいでしょう。

ほかには前屈みの姿勢をしないことです。

重さは支点の上に垂直に掛ければ、純粋な重みだけ負担がかかるので、無理な力がかかりません。

それとぎっくり腰になったときは、一発の痛みを除いてくれる鍼灸院を捜す事です。

ぎっくり腰は、大腰筋の痙攣ですが、これが大の男では直径6㎝もあろうかというほどの太い筋(女性は小さく、身体の大きさによっても違います。)ですから、この筋肉が痙攣すると腰椎は大腿上部前面へと引っ張られますが、その力は相当なものです。だからぎっくり腰になったら、まず鍼屋さんに電話して出張治療してもらう事です。大腰筋が痙攣して背骨を圧しつけているのに、さらに無理に立ち上がって体重まで背骨にかけてしまったら、しかも身体が大きくて体重が重ければ、ヘルニアになっても不思議はないのです。もし一発でギックリを治してくれる鍼屋さんが居なかったり、いても出張してくれなければ、体重がかからないように寝ているしかありません。

ぎっくり腰は2週間もすれば痛みは消えるのですが、それで治ったとは限りません。自然に治ったと称する人の大腰筋に刺鍼してみると、脊柱起立筋は柔らかいのに、大腰筋に入った途端ゴムのような硬さを感じることがよくあります。これは痛みがなく、表面的に治っているように見えているだけです。そんな時は「この人は、今は痛みを感じていなくとも、この筋肉が萎縮していくと腰が曲がってしまうなあ」と思いますが、痛みがないので治療しますとも言えず、腰が曲がってきて膝に痛みを感じてから治療するということになります。75度ぐらいの曲がりならば治るようですが、90度まで曲がってしまっては、さすがに治しょうがありません。     以上がヘルニアを防ぐコツです。

鍼の効く坐骨神経痛と、鍼の効かない坐骨神経痛⑧

こんにちは、「おかだ鍼灸整骨院」です。

鍼の効く坐骨神経痛と、鍼の効かない坐骨神経痛⑦の続きです。hl2222

ヘルニアの予防

次に要望の多い、どうやったらヘルニアを防げるかという問題を書きます。これは体型に関係しますが、身長はどうしようもないので、まず太らないことです。太ると、お腹の先端に脂肪がつきますが、身体を支えているのは背骨です。つまり背骨を支点として腹を作用点、背筋を力点とすれば、テコの原理で作用点が支点である背骨から離れるほど、力点の背筋は強く引っ張らねばなりません。だから作用点を支点に近づけるために、痩せねばならないのです。

身体の前に重量物を抱えるのも、やはり作用点が重くなり、支点に負担がかかるので、背負うか肩の上に担ぐといいでしょう。

ほかには前屈みの姿勢をしないことです。

重さは支点の上に垂直に掛ければ、純粋な重みだけ負担がかかるので、無理な力がかかりません。

それとぎっくり腰になったときは、一発の痛みを除いてくれる鍼灸院を捜す事です。

ぎっくり腰は、大腰筋の痙攣ですが、これが大の男では直径6㎝もあろうかというほどの太い筋(女性は小さく、身体の大きさによっても違います。)ですから、この筋肉が痙攣すると腰椎は大腿上部前面へと引っ張られますが、その力は相当なものです。だからぎっくり腰になったら、まず鍼屋さんに電話して出張治療してもらう事です。大腰筋が痙攣して背骨を圧しつけているのに、さらに無理に立ち上がって体重まで背骨にかけてしまったら、しかも身体が大きくて体重が重ければ、ヘルニアになっても不思議はないのです。もし一発でギックリを治してくれる鍼屋さんが居なかったり、いても出張してくれなければ、体重がかからないように寝ているしかありません。

ぎっくり腰は2週間もすれば痛みは消えるのですが、それで治ったとは限りません。自然に治ったと称する人の大腰筋に刺鍼してみると、脊柱起立筋は柔らかいのに、大腰筋に入った途端ゴムのような硬さを感じることがよくあります。これは痛みがなく、表面的に治っているように見えているだけです。そんな時は「この人は、今は痛みを感じていなくとも、この筋肉が萎縮していくと腰が曲がってしまうなあ」と思いますが、痛みがないので治療しますとも言えず、腰が曲がってきて膝に痛みを感じてから治療するということになります。75度ぐらいの曲がりならば治るようですが、90度まで曲がってしまっては、さすがに治しょうがありません。     以上がヘルニアを防ぐコツです。

フッター営業時間 フッター電話

フッター営業時間

Copyright © 2016 おかだ整骨鍼灸院 All Rights Reserved.