宝塚の整骨院 鍼灸院 骨盤矯正・交通事故治療のおかだ鍼灸整骨院

おかだ鍼灸整骨院 エキテン 3つのアピール 地図 住所
ヘッダー電話 営業時間
おかだ鍼灸整骨院
ヘッダー保険、事故、労災 ヘッダー地図 ヘッダー電話 大手口コミサイトにてアクセスランキング1位 口コミで多数の患者様がいらっしゃいます
ホームボタン
  • 骨盤矯正
  • 猫背矯正
  • 産後矯正
  • 鍼灸治療
  • 楽トレ
  • ハイボルテージ治療
  • 頭痛・肩こり
  • 腰痛・ヘルニア
  • 膝痛
  • スポーツ障害
  • 女性の悩み
  • 交通事故(むちうち)
初めての方へ 料金のご案内 当院へのアクセス スタッフ紹介 患者様の声 骨盤矯正 楽トレ おかだ訪問鍼灸院 事故緊急ダイヤル

カテゴリー

四十肩・五十肩ってどうしておこるの?①

2016-07-25

こんにちは、「おかだ鍼灸接骨院」です。

原因は明らかにされていません。

四十肩・五十肩は、正式には「肩関節周囲炎」という疾患群のことで、肩関節の周囲に起こる炎症のこと。

私たちの肩関節はとても広い範囲を動かせるようになっていますが、それだけ構造は複雑です。

肩関節は肩甲骨と上腕骨が接続していて、周囲には多くの筋肉や腱(筋肉が骨に付着する部分)、関節をスムーズに動かすための「滑液包」などがあります。そのため、炎症が起こりやすい部分といえます。中高年に多く起こりますが、原因は明らかにされていません。

普通の肩こりとどう違うの?

筋肉疲労と関節の炎症との違いです。

肩こりは悪い姿勢や緊張などによって肩や首の筋肉が疲労し、血液の循環が悪くなって、肩に痛みや張り、だるさが発生するものです。

一方、四十肩・五十肩は、おもに次の3つのケースで発症します。

腕の筋肉の先端にある腱の炎症(上腕二頭筋の腱炎)

上腕骨頭を取り巻く幅広い筋腱組織「腱板」が損傷、または断裂を起こした場合。

骨と腱板の間にある「肩峰下滑液包」が炎症を起こしたり(肩峰下滑液包)、石炭がたまった(石炭沈着)場合。

どんな人がなりやすいの?

男女差やなりやすいタイプはありません

四十肩・五十肩は40代以降の人に起こりやすいという点以外、男女差や運動習慣などによる発症頻度の違いはありません。利き腕に起こりやすいという事もありません。

ただし、長い期間、野球などのスポーツや仕事によって肩関節(腱など)を酷使し過去に関節を痛めたことのある人は、いったん、四十肩・五十肩にかかると治りにくい傾向があります。

どんな症状が出るの?
腕をねじる動作などがさまたげられます。
四十肩・五十肩になると、腕をねじったり上げ下げすると肩に痛みが起こり、思うように動かせなくなります。そのため、シャツを着る、髪を結う、帯を結ぶなどの動作がしづらくなります。特に関節内に滑液包に石炭が沈着している場合、激しい痛みが起こります。
また、肩の背中側を手で押してもあまり痛くありませんが、肩の胸側を押すと強い痛みを感じるのが特徴です。

about_image01

四十肩・五十肩ってどうしておこるの?①

こんにちは、「おかだ鍼灸接骨院」です。

原因は明らかにされていません。

四十肩・五十肩は、正式には「肩関節周囲炎」という疾患群のことで、肩関節の周囲に起こる炎症のこと。

私たちの肩関節はとても広い範囲を動かせるようになっていますが、それだけ構造は複雑です。

肩関節は肩甲骨と上腕骨が接続していて、周囲には多くの筋肉や腱(筋肉が骨に付着する部分)、関節をスムーズに動かすための「滑液包」などがあります。そのため、炎症が起こりやすい部分といえます。中高年に多く起こりますが、原因は明らかにされていません。

普通の肩こりとどう違うの?

筋肉疲労と関節の炎症との違いです。

肩こりは悪い姿勢や緊張などによって肩や首の筋肉が疲労し、血液の循環が悪くなって、肩に痛みや張り、だるさが発生するものです。

一方、四十肩・五十肩は、おもに次の3つのケースで発症します。

腕の筋肉の先端にある腱の炎症(上腕二頭筋の腱炎)

上腕骨頭を取り巻く幅広い筋腱組織「腱板」が損傷、または断裂を起こした場合。

骨と腱板の間にある「肩峰下滑液包」が炎症を起こしたり(肩峰下滑液包)、石炭がたまった(石炭沈着)場合。

どんな人がなりやすいの?

男女差やなりやすいタイプはありません

四十肩・五十肩は40代以降の人に起こりやすいという点以外、男女差や運動習慣などによる発症頻度の違いはありません。利き腕に起こりやすいという事もありません。

ただし、長い期間、野球などのスポーツや仕事によって肩関節(腱など)を酷使し過去に関節を痛めたことのある人は、いったん、四十肩・五十肩にかかると治りにくい傾向があります。

どんな症状が出るの?
腕をねじる動作などがさまたげられます。
四十肩・五十肩になると、腕をねじったり上げ下げすると肩に痛みが起こり、思うように動かせなくなります。そのため、シャツを着る、髪を結う、帯を結ぶなどの動作がしづらくなります。特に関節内に滑液包に石炭が沈着している場合、激しい痛みが起こります。
また、肩の背中側を手で押してもあまり痛くありませんが、肩の胸側を押すと強い痛みを感じるのが特徴です。

about_image01

フッター営業時間 フッター電話

フッター営業時間

Copyright © 2016 おかだ整骨鍼灸院 All Rights Reserved.