宝塚の整骨院 鍼灸院 骨盤矯正・交通事故治療のおかだ鍼灸整骨院

おかだ鍼灸整骨院 エキテン 3つのアピール 地図 住所
ヘッダー電話 営業時間
おかだ鍼灸整骨院
ヘッダー保険、事故、労災 ヘッダー地図 ヘッダー電話 大手口コミサイトにてアクセスランキング1位 口コミで多数の患者様がいらっしゃいます
ホームボタン
  • 骨盤矯正
  • 猫背矯正
  • 産後矯正
  • 鍼灸治療
  • 楽トレ
  • ハイボルテージ治療
  • 頭痛・肩こり
  • 腰痛・ヘルニア
  • 膝痛
  • スポーツ障害
  • 女性の悩み
  • 交通事故(むちうち)
初めての方へ 料金のご案内 当院へのアクセス スタッフ紹介 岡田訪問鍼灸院 岡田訪問鍼灸院 岡田訪問鍼灸院 事故緊急ダイヤル

カテゴリー

6月27日、宝塚に開院いたしました。

2016-07-11

初めまして、おかだ鍼灸整骨院の院長 岡田と申します。

ブログをご覧下さっている患者様、今後はブログに治療内容、治療方法、院の最新情報、などを更新していきます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

肩こり

たかが肩こり、されど肩こり。

肩こりでお困りの方は多いと思います。

筋肉のコリが肩だけにとどまっていると、そんなに辛くはないのですが、肩の筋肉は首筋や胸・背中につながっているため、肩こりが原因で多彩な症状が起こってきます。

首筋に筋肉のコリが強くなると後頭部が重くなるだけでなく、毛髪の生え際の所には、神経の通り道があるためこの神経の刺激症状が出てきます。片一方の後頭部に時々電気が走るような痛みが急に起こったり、毛髪を触るとピリピリした感じが起こることがあります。このような後頭部の神経の刺激症状は首筋のこりが原因で起こる場合と、こりとは関係なく原因の神経痛として起こる場合とがあります。両者では治療方法が異なってきます。

首筋のこりが強くなってくると、連鎖反応で頭の筋肉がこりやすくなります。頭の筋肉のコリは緊張型頭痛といわれる頭痛を起こしてきます。この頭痛は頭を重たく感じたり、時にはズキズキする激しい頭痛を起こしたりしますが、何日も続きやすい特徴があります。

頭の一部が痛くなることがあるため片頭痛と間違われることがありますが、片頭痛では寝込むくらいの強い頭痛が発作的に起こり、半日くらい経つと軽快します。

緊張型頭痛は朝起きたときから起こることも、疲れがたまる夕方から起こることもありますが、寝込むほどではありません。緊張型頭痛は一般の鎮痛剤が効きにくいことがありますが、そのような場合には鎮痛剤に加えて筋肉の弛緩剤や抗不安薬(これも筋肉の弛緩作用があるものを使用します)を併用すると効果が出やすくなります。

また目頭が重たく感じたり、昼間から眠たく感じたり、目がボーと感じやすくなるのも、肩こりが強い時の特徴です。時には目の奥に強い痛みを感じることもあります。

肩こりだけでなく、目の疲れ(眼精疲労)でも同様の症状が起こりますが、この痛みは目の周囲に走っている神経の刺激症状が原因と思われます。

肩こりが強くなると歯茎がういてくることがありますが、これも歯茎に走っている神経の刺激症状が原因と思われます(正座をした後に、足のしびれが切れるのと同じです。)

6月27日、宝塚に開院いたしました。

初めまして、おかだ鍼灸整骨院の院長 岡田と申します。

ブログをご覧下さっている患者様、今後はブログに治療内容、治療方法、院の最新情報、などを更新していきます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

肩こり

たかが肩こり、されど肩こり。

肩こりでお困りの方は多いと思います。

筋肉のコリが肩だけにとどまっていると、そんなに辛くはないのですが、肩の筋肉は首筋や胸・背中につながっているため、肩こりが原因で多彩な症状が起こってきます。

首筋に筋肉のコリが強くなると後頭部が重くなるだけでなく、毛髪の生え際の所には、神経の通り道があるためこの神経の刺激症状が出てきます。片一方の後頭部に時々電気が走るような痛みが急に起こったり、毛髪を触るとピリピリした感じが起こることがあります。このような後頭部の神経の刺激症状は首筋のこりが原因で起こる場合と、こりとは関係なく原因の神経痛として起こる場合とがあります。両者では治療方法が異なってきます。

首筋のこりが強くなってくると、連鎖反応で頭の筋肉がこりやすくなります。頭の筋肉のコリは緊張型頭痛といわれる頭痛を起こしてきます。この頭痛は頭を重たく感じたり、時にはズキズキする激しい頭痛を起こしたりしますが、何日も続きやすい特徴があります。

頭の一部が痛くなることがあるため片頭痛と間違われることがありますが、片頭痛では寝込むくらいの強い頭痛が発作的に起こり、半日くらい経つと軽快します。

緊張型頭痛は朝起きたときから起こることも、疲れがたまる夕方から起こることもありますが、寝込むほどではありません。緊張型頭痛は一般の鎮痛剤が効きにくいことがありますが、そのような場合には鎮痛剤に加えて筋肉の弛緩剤や抗不安薬(これも筋肉の弛緩作用があるものを使用します)を併用すると効果が出やすくなります。

また目頭が重たく感じたり、昼間から眠たく感じたり、目がボーと感じやすくなるのも、肩こりが強い時の特徴です。時には目の奥に強い痛みを感じることもあります。

肩こりだけでなく、目の疲れ(眼精疲労)でも同様の症状が起こりますが、この痛みは目の周囲に走っている神経の刺激症状が原因と思われます。

肩こりが強くなると歯茎がういてくることがありますが、これも歯茎に走っている神経の刺激症状が原因と思われます(正座をした後に、足のしびれが切れるのと同じです。)

フッター営業時間 フッター電話

フッター営業時間

Copyright © 2016 おかだ整骨鍼灸院 All Rights Reserved.